長期滞在ホームステイ

by ゆかり

 
ホームステイという言葉の雰囲気が最近あまり良くないようですね~
ホストファミリー宅での変な規則が山ほどある!
外国人に対して偏見あるんじゃない?って感じる。
​なんでちゃんと食べさせてくれないの~(涙)!!
 
 
わかります。良いホームステイ先を選ぶのはとても大変です。
というか、誰とでも一緒に暮らすことは非常にチャレンジがあり、それをお国柄が全く違う人達とやろうとすると問題がない方が不思議だと思います。
それでも事前に調べられる点をカバーしてからホームステイ先を探すのと、そうでないのとは成功率がかなり違ってくると私は思います。
では、日本人が期待するような良いホームステイを探すにおいて気を付ける点をリストアップしてみます!
1.ホストファミリーを実際に募る現地のコーディネーターは、日本人の学生がどのようなホームステイを期待しているかを知っているのか? これは、日本側の斡旋会社と現地でホストファミリーを募る人達の間にコミュニケーションがあるかということですね。
ホームステイという言葉がないアメリカとかでは、完全に「下宿先」という感覚しかない人達が多いですから。「下宿代払いますから、部屋ありますか~?」という集め方だと、まったくホームステイではなくなります。
2.ペイイングかボランティアか?
これは、短期ホームステイですとボランティア宅はありますが、1ヶ月以上の場合はありません。ですから、ペイイングはビジネス感覚でホストファミリーをしている家族が多いと見てよいと思います。ペイイングだから悪い家族ということはありません。
またボランティアの場合でも、ホストファミリーを募っている人達がどのような説明をして必要をアピールしているかを聞けたら聞いておいたらいいと思います。
​3.ホストファミリー宅滞在費には何が含まれているのかをリストアップしてもらえるように頼むのは大事だと思います。
4.ホームステイ斡旋会社に、現地での日本人のコーディネーターがいるか聞いておくと助かりますね。現地で問題を一人で抱え込むことがないようにしておくことは大切です。
5.ホストファミリーとの問題があった場合に、ホストを変えてもらえることは可能かを事前に聞く。これも、コストや時間がかかるののか。今までにどのくらいの割合でホストファミリーを変えたことがあるのかとかも聞けるといいです。
6.ホームステイのサイトで選ぶ時の参考 (もちろん、評価(rating)が高い家族を選ぶのは大事です)
ーできれば両親がそろっている家族、または夫婦の方が、家族の1メンバーと相性が合わなくても他のチョイスがある。
ーシングルマザーで子供が小さいと、お手伝いさん的な感覚でホストされる場合がある。
ーリタイアしている夫婦は、平均的に時間と経済的な余裕がある人達なので、会話がはずむ。
ーシングルファーザーの所には女性は絶対にダメ!
ーアメリカはマリファナがOKの州もあるので、ホームステイ先に問い合わせる際には利用者かどうかを聞いてみる方がよい。
(特に若い独身者のホストや、子供たちが大学生以上の大人で一緒に住んでいる場合)
ーできるだけ事前に「面接」かメールでのやり取りができるサイトを選んだほうが良い。